MENU

TALK SESSIONトークセッション

MEMBER PROFILE

  • 代表取締役社長 伏見 明記
    代表取締役社長 伏見 明記
  • SE M E
    システムエンジニア S K
  • プログラマー K S
    システムエンジニア O S
  • プログラマー T S
    プログラマー I K
  • プログラマー S I
    プログラマー S A

メディア情報システムとは、どんな会社ですか?

S K S K
よく社員からは「アットホームな会社」と声が上がっています。
社員同士は基本的に仲が良く、社長企画のBBQ大会なども季節の変わり目ごとに開催しています。
伏見 伏見
「アットホーム」とよく言われるんだけど、僕はとくに意識したことないんだよね。
社員のみんなとコミュニケーションをとることは心掛けているよ。
S K S K
社長が意識的にやっていないとすれば、社長の人柄によるものかもしれないですね。私たちが根を詰めて作業しているとき、社長はよく気持ちを和らげるお話をしてくださいますよね。
伏見 伏見
それは社員を家族だと思っているからかな。例えば部下を叱るとき、「もし自分の弟だったら、子供だったら、どんなふうに叱るかな?」などと考えながら接しています。叱るのはもちろん、部下に成長してもらいたいから。部下の成長は上司にとって最大の喜びですからね。
O S O S
私は色々なお客様先に行けるフットワークの軽い会社だな、と感じています。私は元々大学で技術系の学問を専攻してきたこともあり、様々な会社に常駐するシステムエンジニアに興味がありました。新しいことを覚えるのは楽しいので、難しいことはありますが、日々充実しています。
I K I K
社長との距離も近いですよね。伏見社長はとても気さくで話しやすい方です。野球観戦が趣味なので、社内の飲み会に参加した際に、社長と野球の話をするのが楽しいです。
S A S A
僕も飲み会にはよく参加させていただきます。まだ入社1年目ですが、社長にも先輩方にもフランクに接していただいていて、楽しく過ごしています。
そういった意味でも、ブラックとは無縁の会社だと思います。学生時代、会社ってもっと殺伐としているところだと思っていましたが、ここは違いました。
伏見 伏見
僕自身は上昇志向の強い会社だと思っています。社員一人ひとりに個性があり、一人ひとりに仕事のやり方があり、会社もそれを認めている。
社員はみな、しっかり責任を持って仕事を進めていますよね。
S K S K
確かに同じ現場で同じグループで働いていても、一人ひとり個性は異なるし、仕事のやり方は違いますね。私から見ると、当社の社員はまだまだやれる。
潜在能力が高い。若いメンバーが多いので、まだまだ伸びていくはずです。ですから若手が成長するチャンスを作るのが、私たち管理職の仕事だと思います。
talksimg02

どのように技術力を上げていますか?

S K S K
私は同じお客様先に11年間常駐していますので、新しい技術に触れる機会を作るよう努力しています。最近、「AIを触ってみたい」という若手の声が増えたので、AIを勉強し、勉強した内容を使って何ができるのか、みんなで考えようと計画しています。最終的にAIを使ったプロダクトを作れたら、「俺たちが作ったんだ!」という自信にもなりますし。
伏見 伏見
上昇志向の表れだね。仕事のスタイルはその人その人で決めてもらえばいい。「新しいことがしたい」と思えば、新しいことができる会社に。「今の技術を高めたい」と思えば、それができる会社に。「ちょっと疲れたな。家族と過ごす時間が欲しいな」と思えば、ワークライフバランスを整えた会社に。私は社員一人ひとりがそんな選択肢を選べる会社にしたいと考えています。今のSKさんの話は「当社ならではの新しいプロダクトを作ろう」と言ってくれているから、うれしいですね。いずれにせよ我々の業界は技術力の向上なしにはあり得ないですから。
ちなみに、みんなはどんなときに技術力が上がったと感じるの?
O S O S
私は現場で習得した技術を実際に使うと、技術力が上がるのを感じます。
勉強として知識を取り込むよりも、「この技術ってどんな場合で使えるのか?」「これにも応用できるな」と考えながら現場で経験したほうが応用方法もわかり、身につきやすいです。
I K I K
僕も同じですね。例えば、今現場で対応している業務も現場に来るまで「未知の世界」でしたが、現場で作業を始めてから徐々にわかるようになり、それにつれて仕事が面白くなってきました。現場で実際に触れてみて問題を解決していく方が身につくし、やりがいを感じられます。
S A S A
自分も現場です。参考にできるものがたくさんありますし。作業の中だと自身の理解できていない部分や苦手な部分が見えやすくなり、そこをピンポイントで学習できるので効率が良いです。
伏見 伏見
みんなの仕事のやり方がわかるね。
業務が忙しい方が身につくのかな?
S A S A
いえ、忙しくない方がいいです。
自身の勉強の時間も取りたいので。
talksimg01.png
O S O S
あまり望ましいことではありませんが、イレギュラーや障害が起きた方が技術力は上がりますね。自分で調べて対処する力が身につきますし。
S K S K
技術力は瞬間的に上がるものではないですね。学ぶのは必要に迫られたときか、学ぶこと自体が面白いときではないでしょうか。
talksimg04

今後の展望を教えてください。

伏見 伏見
私が会社を創業した頃はAIやクラウドはもちろん、Windowsもなかった時代。ですから今は存在しなくても、ほんの2~3年で新しいものが世の中にポンと出て来ることを知っています。そういう新しいものを「興味があるからやりたい」という社員がいれば、できる会社にしていきたい。もちろん、新しい技術よりも既存の技術を究めたいという人もいますから、そういう人にも楽しめる環境を用意したい。技術者には同じことの繰り返しに歓びを感じるタイプもいますからね。総じて、キーワードは「楽しめる」です。
一人ひとり異なる社員と一緒にやっていきたい。変化できる会社にしていきたい。楽しみながら仕事をしていきたい。そして社員が自分の希望を自発的に言える風土にしていきたいですね。これから入社する方には、技術に興味がある人、そして素直な人がいいですね。採用ではその点に配慮しているので、ここにいる社員はみなパーフェクトです。
みんなはどんな後輩に入ってきてほしい?
O S O S
成長意欲のある人、コミュニケーションが取れる人に入ってきてほしいです。
また、女性でも働きやすい環境なので、もっと女性社員に入ってきてほしいですね。社員同士で女子会もしたいです。
I K I K
僕は体育会系の後輩が増えてほしいです。世間的にはあまり体育会系のイメージが無い職種かと思いますが、仲間と連携を取りながら行う業務もあるので、共通する部分も多いかと思います。ぜひ、そういった後輩とチームワークを高めていきたいですね。
S A S A
コミュニケーション力がある人に来ていただきたいです。
あとは、やりたい職業に就くことが一番だと思いますので、この職種に興味を持っている方にぜひ入ってきていただきたいですね。
S K S K
会社はいろいろなタイプの人がいる方がいいと思います。共通項を挙げるなら、自ら学ぶ意欲のある人。ともに成長できる人の入社をお待ちしています。